小学生が

陸上競技のいろんな種目にチャレンジできる

キッズアスレチックスフェスティバル

本格的なスポーツへの取り組みを始める前に、走る・跳ぶ・投げる いろんな種目を経験しよう!

好きなこと、得意なこと、面白いなぁと思えるものに出会えれば、きっと未来への力になる

陸上競技のドキドキ・ワクワクを一緒に体験しましょう!

 

「キッズフェス」は、次世代を担う子どもたちに陸上の混成競技を体験してもらい、その魅力を知ってもらいたいと、アテネオリンピック日本代表の中田有紀選手(日本保育サービス)が、自ら発起人となって企画プロデュースする体験型陸上大会です。愛知県内で毎年1回開催しています。

 

すべての子どもたちが、気軽に楽しめて、それぞれに達成感を得られるよう、教え方や環境を工夫しています。

 

 

 

グラウンドを駆け回る子どもたち


ヴォーテックス投げをする女の子

スポーツの入り口にぴったり☆

陸上競技のいろんな種目にチャレンジできる!

 

小学生は、「走る・跳ぶ・投げる」の複数種目にチャレンジできます。小学生のうちに様々な種目に触れることは、面白い種目や得意な種目の発見、隠れた才能を見出すきっかけにも繋がります。

 

本フェスティバルは、時間内であれば何度でも測定や練習ができるプログラムになっています。競技中は、陸上競技のルール等の約束事以外は、すべて自由。だからイベント中のスケジューリングやどの種目で得点を稼ぐか等をすべて自分で決めなければいけません。”自分の判断でチャレンジした”という経験は、子どもたちの自信となり、普段の生活においても自発的な行動を促す手助けとなります。また、何度もチャレンジする中で、自分なりに工夫をすることや集中して挑むことの大切さを学ぶこともできます。

 

 


オリンピック選手による走り方クリニック

トップアスリートが伝授

運動のコツを学びながら記録にチャレンジできる!

 

 日本代表として世界大会を経験したアスリートらが講師となって、走り方や投げ方を伝えます。競技生活の中で、試行錯誤して得てきたエッセンス満載のクリニックは必見。教えてもらったことを実際のレースやフィールド測定で試しながら、記録にチャレンジできます。

 

 ここでしか聞けない運動のコツをしっかり学び、未来のライバルに差をつけよう!

 

 


初めてでも大丈夫!

県内の大学生陸上競技部員約60名が子どもたちを優しくサポート

 

 現役アスリートや陸上競技を専門とする指導者・大学生など、多くのスタッフがアドバイスや誘導、盛り上げの役目を務めます。

スポーツの大会は初めてというお子様や未経験種目があるお子様でも安心して楽しく参加していただけます。教えてもらいたいことがあるときは、気軽にスタッフにお声かけください。

 

 

 


金・銀・銅のメダルを贈呈

参加者全員に記録証とオリジナルタオルをプレゼント

 

 『キッズ混成』『キッズかけっこ25』それぞれ学年別男女別に3位まで表彰します。3位入賞者にはメダルを贈呈します。

 

キッズ混成の順位は、各種目の記録を得点に換算して、4種目の合計得点で決まります。合計で何点になるか、前回とどれぐらい違うか、お友達やご家族でお楽しみいただけます。